メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声

辞職願を提出後、記者会見で謝罪する竹山修身・堺市長=堺市役所で2019年4月22日午後5時2分、幾島健太郎撮影

 政治資金問題で辞職に追い込まれた竹山修身・堺市長に、市民からは「有権者を欺いた結果だ」と憤りの声が相次いだ。一方、大阪都構想を掲げて勢力を伸ばす大阪維新の会に対し、対決姿勢を鮮明にしてきたトップの退場を悔やむ意見も聞かれた。

 東区の無職男性(74)は「2億円超の記載漏れは常軌を逸している。市民をだまし、甘い汁を吸おうとしていたとしか思えない」と憤りを隠さない。生後半年の長女の子育てに追われ…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 国際線運休で帰れない…関西のベトナム人技能実習生、生活困窮深刻に

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです