メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不記載「長年で、あまりにも巨額」 ずさんか、故意か 竹山氏の政治資金

辞職願を提出後、記者会見をする竹山修身・堺市長(左)=堺市役所で2019年4月22日午後5時5分、幾島健太郎撮影

 ずさんな資金管理が問題になっていた堺市の竹山修身市長(68)が22日、辞職に追い込まれた。政治資金収支報告書の不記載は6年間で総額2億3300万円に上り、政治資金の専門家からは「ずさんさを装った故意ではないか」という疑いの目も向けられている。

「すごく大胆。誰かが指南した可能性」

 「会計処理の基本部分について怠っていたと思う」「二重の領収書はあってはならないこと」。竹山市長は辞職を表明した22日の記者会見で、自らの“政治とカネ”の問題について深々と頭を下げた。

 問題が発覚したのは今年2月。「竹山おさみ連合後援会」の2017年政治資金収支報告書で寄付計615万…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1684文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 半沢直樹 堺雅人主演の人気ドラマ続編が2020年4月放送 「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を映像化
  5. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです