メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外羽生善治九段が歴代最多1433勝 大山康晴に並ぶ

受精卵ゲノム編集に法規制を 生命倫理専門調査会が政府に提言

受精卵ゲノム編集の臨床応用を防ぐ法規制を提言する方針で一致した政府の生命倫理専門調査会=東京都内で2019年4月22日午後3時35分、千葉紀和撮影

 政府の生命倫理専門調査会は22日、ゲノム編集技術などで遺伝子を改変したヒトの受精卵を母胎に戻す臨床応用を防ぐ法規制の必要性を提言する報告書案をまとめた。中国の研究者が昨年、改変受精卵を使って双子を誕生させたことを問題視した。法規制の具体案は厚生労働省などが秋までに検討を進め、来年にも法案化を目指す。

 一方、遺伝性疾患の仕組み解明や治療法開発のために受精卵を改変する基礎研究は、計画を個別審査する条件…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです