メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

事故現場に供えられた花=神戸市中央区で2019年4月22日午前7時48分、平川義之撮影

 神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で21日に発生した神戸市営バスの暴走事故。犠牲になった同市須磨区のアルバイト、那須勇成(ゆうせい)さん(23)と兵庫県明石市の大学3年、柳井梨緒さん(20)の知人らは未来ある若者の突然の死を悼んだ。

 那須さんがアルバイトをしていた神戸市須磨区のスーパーの男性店長(45)は「真面目な青年で、言葉にならない」と沈痛な面持ちで語った。店長によると、那須さんは約2年前からバイトを始めた。週4、5日、商品の陳列やレジ打ちなどを担当。仕事を正確にこなし、他の従業員とも親しくしていたという。事故のあった21日は休みで、店長は「2日前ま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです