メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声

インタビューの最後に三本締めをする白鵬=エディオンアリーナ大阪で2019年3月24日、加古信志撮影

 大相撲で平成最後の表彰式が波紋を呼んでいる。3月の春場所で42回目の優勝を遂げた横綱・白鵬が、千秋楽の表彰式で観客とともに三本締めを行った。この行為に横綱審議委員会(横審)が「式の途中なのに」「一力士がやるべきことか」と物言いをつけた。一方、相撲ファンには白鵬を支持する声もある。賛否両論ある中、日本相撲協会は今週中に白鵬への処分を決める。【飯山太郎】

この記事は有料記事です。

残り1186文字(全文1363文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです