メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国に勝ってこそ 卓球ニッポン復活なるか

 2020年東京五輪の「前哨戦」となる卓球の世界選手権個人戦(ブダペスト)が21日、開幕した。1950~70年代には金メダルを量産して「お家芸」としてきた日本だが、80年代以降は卓球王国・中国の分厚い壁にはね返されてきた。それでも最近は若手が台頭。「卓球ニッポン」復活への道を追った。【ブダペスト田原和宏】

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1580文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです