特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Together

「ヒロしかいない」内村の専属コーチが育む信頼と距離感

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
体操の強化合宿で内村航平(右)と言葉を交わす佐藤寛朗さん=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで2019年1月13日、佐々木順一撮影
体操の強化合宿で内村航平(右)と言葉を交わす佐藤寛朗さん=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで2019年1月13日、佐々木順一撮影

 2016年に日本初のプロ体操選手となった内村航平(30)=リンガーハット=を支えるのは、専属コーチの佐藤寛朗さん(30)だ。「(内村が)何も言わなくても考えていることが分かる」。家族とも友人とも違う強固な信頼関係を築き、日本体操界の絶対的なエースをサポートしている。

 2人の出会いは10歳の時。佐藤さんが所属していた朝日生命の合宿に、夏休み中の内村が参加した。1学年上の内村とはすぐに打ち解け、「航平」「ヒロ」と呼び合う仲になった。中学2年で全日本ジュニア個人総合2位などの実績を残した佐藤さんは五輪出場を目指したが、明大進学後は伸び悩んだ。13年11月の全日本団体選手権後に引退し、翌年からコーチングを学ぶためオーストラリアへ。語学学校に通いながら、ジュニア選手を指導した。

 16年夏。そんな佐藤さんの元に、一本の電話が掛かってきた。「プロになろうと思っている。コーチになってほしい」。リオデジャネイロ五輪で個人総合2連覇を達成した直後の内村からだった。「何かの間違いじゃないか」と戸惑った。オーストラリアでの生活が充実していたこともあり、引き受けるか悩んだ。

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1459文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集