メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ボスニアでばんえい競争、2頭立ての馬が2トンの丸太引く

 ボスニア北西部で2年に1度の伝統行事、馬が2頭立てで丸太を引くばんえい競争が20日行われた。同国やセルビア、クロアチアなどのバルカン諸国では人気があり、この日は数千人が観戦に詰め掛けた。 Izacicで撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)

[PR]

 [サラエボ 20日 ロイター] - ボスニア北西部で2年に1度の伝統行事、馬が2頭立てで丸太を引くばんえい競争が20日行われた。同国やセルビア、クロアチアなどのバルカン諸国では人気があり、この日は数千人が観戦に詰め掛けた。

     競技は積荷の重さによって3つの部門に分かれており、最も重いものは約2トンになる。コースの距離は100メートル。会場では民族音楽が雰囲気を盛り上げ、伝統料理の串に刺した子羊のローストが振る舞われた。

     2度目の優勝を果たしたDjurac Galicさんは「10年間、森で荷馬と作業をしてきた。仕事後の空き時間はすべて、馬の訓練に当ててきた」と語った。

     動物保護団体からは懸念の声も出ているが、Galicさんは、馬をむちで打つことは近年禁止されていると説明し「丸太を引きたくないと思えば、馬はやめる。この競技には何の問題もない」と述べた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

    2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    4. 秋元衆院議員、元秘書周辺を捜索 任意で事情聴く 東京地検

    5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです