メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

オランダでチューリップ満開、観光客が花傷つける問題も

 オランダのアムステルダムで、国花としても有名なチューリップが満開となっている。同国の観光当局によると、イースター(復活祭)の休暇には世界から過去最高の100万人以上が訪れるとみられている。写真はキューケンホフ公園で19日撮影(2019年 ロイター/Yves Herman)

[PR]

 [アムステルダム 19日 ロイター] - オランダのアムステルダムで、国花としても有名なチューリップが満開となっている。同国の観光当局によると、イースター(復活祭)の休暇には世界から過去最高の100万人以上が訪れるとみられている。

     ハーグにあるキューケンホフ公園で行われている花博覧会は、美術館など文化施設とともに観光の目玉になっているという。

     一方で、「花のベッド」の写真をソーシャルメディアに載せようとする観光客が花の間を歩いて、花が傷つけられるなどの問題も。造園業者らは、英語と中国語で「花を楽しむとともに、わたしたちの誇りも尊重して」と書かれた立て札で注意を呼び掛けている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 児童ポルノ容疑で元漫画家逮捕 匿名化通信「Tor」利用 京都府警

    3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

    4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    5. 自公連立20年 「統一野党対自公」なら必ず勝つ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです