メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

アーセナル、ホームでクリスタル・パレスに痛恨の敗戦…CL出場権争いは混戦

情報提供:サッカーキング

アーセナルがクリスタル・パレスに敗戦 [写真]=AMA/Getty Images
 プレミアリーグ第35節が21日に行われ、アーセナルはホームでクリスタル・パレスに2-3で敗れた。

 試合は17分、右サイドからのFKでルカ・ミリヴォイェヴィッチがクロスを送ると、ゴール前フリーとなったクリスティアン・ベンテケがダイビングヘッドで合わせて、クリスタル・パレスが先制に成功した。

 アーセナルは1点ビハインドで折り返したが、後半の立ち上がり47分にメスト・エジルがエリア左に走り込み、アレクサンドル・ラカゼットのパスを受けて左足シュートを沈めて同点に追いつく。

 しかしクリスタル・パレスは61分、ウィルフレッド・ザハが相手DFとうまく体を入れ替えてエリア内に突破し、右足シュートを流し込んで勝ち越し。69分には右CKで、スコット・ダンのヘディングシュートに、ゴール前のジェームズ・マッカーサーが頭で合わせて追加点を挙げた。

 2点差とされたアーセナルは77分、ピエール・エメリク・オーバメヤンが右サイドからドリブルで中央に切り込んでエリア内へパス。これは相手にカットされたものの、こぼれ球を自ら右足ダイレクトで叩き、ゴール左隅に決めて1点を返した。

 だがその後の反撃は実らず、アーセナルはリーグ戦16試合無敗だったホームで痛恨の敗戦を喫し、勝ち点「66」の4位にとどまった。なお、3位のトッテナムは勝ち点67、5位のチェルシーは同66、6位のマンチェスター・Uは同64と、チャンピオンズリーグ(CL)出場権をかけた争いは混戦が続いている。

 次節、アーセナルは27日にアウェイでFW岡崎慎司が所属するレスターと、クリスタル・パレスは同日にホームでエヴァートンと対戦する。

【スコア】
アーセナル 2-3 クリスタル・パレス

【得点者】
0-1 17分 クリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス)
1-1 47分 メスト・エジル(アーセナル)
1-2 61分 ウィルフレッド・ザハ(クリスタル・パレス)
1-3 69分 ジェームズ・マッカーサー(クリスタル・パレス)
2-3 77分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)

【スターティングメンバー】
アーセナル(3-4-1-2)
レノ;ムスタフィ、コシェルニー、マヴロパノス(45分 イウォビ);ジェンキンソン(45分 メイトランド・ナイルズ)、ゲンドゥージ、エルネニー(68分 トレイラ)、コラシナツ;エジル;ラカゼット、オーバメヤン

クリスタル・パレス(4-4-2)
グアイタ;ワン・ビッサカ、ケリー、ダン、ウォード;マッカーサー、ミリヴォイェヴィッチ、クヤテ、マイヤー(80分 タウンゼント);ベンテケ(78分 アイェウ)、ザハ

【関連記事】
ラムジーやデ・ヨングなども「就活終了」…来季の“移籍内定”を手にした選手たち
アーセナルが浅野の処遇に怒り? ハノーファーでの今季の起用はもう無しか
仏誌発表の長者番付1位は2年連続でメッシ…では、年収アップNo.1選手は誰?
強さの源は“若き才能”…オランダの名門・アヤックスが誇るヤングスターたち
この選手がタダ!? 買い物上手なユヴェントスが“0円”で仕入れた名プレーヤーたち

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
  2. 白い野生パンダを初めて撮影 中国・四川省
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです