メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ヴォルフスブルクのラバディア監督、新天地候補にヘルタ・ベルリンが浮上

情報提供:サッカーキング

ヴォルフスブルクのブルーノ・ラバディア監督 [写真]=Getty Images
 ヴォルフスブルクを率いるブルーノ・ラバディア監督の移籍先候補に、ヘルタ・ベルリンが浮上しているようだ。ドイツ誌『kicker』日本語版が21日に伝えている。

 いよいよクライマックスを迎える2018-19シーズンのブンデスリーガ。その状況の中、シャルケのドメニコ・テデスコ監督、ハノーファーのアンドレ・ブライテンライター監督、ニュルンベルクのミヒャエル・ケルナー監督、アウクスブルクのマヌエル・バウム監督、そしてシュトゥットガルトのマルクス・ヴァインツィール監督が志半ばで解任されている。

 ヴォルフスブルクのラバディア監督は、「監督業という点において、こういった風潮は決していいものとは言えない。監督にはもっと時間が与えられるべきであり、今は各クラブの忍耐力が問われている」との見解を示した。「重要なのは安定感を持つこと」であり、安易に監督交代に踏み切ることは「選手たちにとってもいいことではない。言い訳にもつながるものだからね」と言葉を続けている。

 そんなラバディア監督は、今シーズンいっぱいで契約が満了となるためヴォルフスブルクを退団することが決まっている。現在は新天地の候補としてヘルタ・ベルリンの名前が浮上しているが、「今はヴォルフスブルクでいい終わり方を迎えること以外に興味はないんだ」と述べ、「その後にもしいいオファーが届けば喜ばしいことだね」と語った。

【関連記事】
●ハノーファー、ドローで9試合ぶりに勝ち点獲得…原口は古巣戦フル出場
●“行き先間違えたベンフィカファン”はフェイク…独誌が作り話でネットメディアに警鐘
●ロイスが1ゴール2アシスト!…ドルトムント、4発快勝で連勝飾り首位追走
●酒井高徳、“将来的な”Jリーグ復帰への強い思い「日本に伝えることがいっぱいある」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです