メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

若者、定住せず転々 世界中が我が家 テレワーク背景「好きな場所で働く」

今晩泊まるゲストハウスの前に立つアドレスホッパーの井上勇人さん=東京都台東区で3月

 定住せず宿泊所などを転々とする「アドレスホッパー」を自称する若者たちがいる。好きな時に好きな場所で過ごすのが目的だ。インターネットを活用して好きな場所で働く「テレワーク」の広がりなどを背景に、新たなライフスタイルが出現している。【岡大介】

 「今日はここに泊まります」。フリーランスでウェブ関連の仕事をしている井上勇人さん(32)が、東京都台東区のゲストハウス(簡易宿泊施設)を指さした。荷物は3日分の着替えや洗面用具、ノートパソコンなどわずかで、リュック1個に楽々収まる。

 井上さんはイベントでアドレスホッパーを知り、1月から実践。他の宿泊客との交流が楽しく、「仕事の受注につながることもある」と言う。一方で「相部屋に泊まる時は(光や音への対策で)耳栓とアイマスクが欠かせない」と苦笑する。

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1072文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです