メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

音楽家 外山雄三/3 民謡の節に踊り出す

外山雄三さん=藤井太郎撮影

 N響が世界一周演奏旅行に出発する2カ月前の1960年6月、外山は留学先のウィーンから日本に呼び戻された。帰国早々、恩師の有馬大五郎にアンコール曲を作るよう求められ、1冊の民謡集を手渡される。

 「日本各地の民謡のメロディーが載っている小さな本でした。ボロボロに使い込まれていて、どのページにも書き込みがびっしり。有馬先生は音楽を分析する飛び抜けた能力があって、先生の考えが細かく書かれていました」。そう振り返る外山はこの本を今も宝物にしている。

 「あんたがたどこさ」「ソーラン節」「炭坑節」……。外山は「オーケストラ音楽にしたらおもしろそう」と…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文777文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです