メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・大楽人

アプリで「政治革命を」 議員と市民、直接議論「PoliPoli」 20歳学生起業家、開発

アプリ「polipoli」について説明する伊藤さん=東京都港区のカフェで

 2019年は統一地方選挙や参院議員選挙などが並ぶ選挙イヤーだ。そんな政治の仕組みを、テクノロジーを使って変えようと挑戦する学生起業家、伊藤和真さん(20)を取材した。【上智大・川畑響子、写真は成城大・風間健】

 17年10月の衆院議員選挙。当時19歳の伊藤さんは候補者の街頭演説を見て「全然イケてないな」と感じたという。演説を立ち止まって聞く人は少ない。同時に「市民が政治に直接意見できる場が日本には少ない。なんとなくの不満はみんなあるはず」。そこに着目した。

 伊藤さんは慶応大学の現役学生で、自ら代表を務める株式会社PoliPoli(ポリポリ)を18年2月に…

この記事は有料記事です。

残り1860文字(全文2140文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです