メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム真理教

幻想だった 無期受刑者、思考停止から償いへ 交流15年カウンセラー、本出版

オウム真理教元幹部らとのやり取りを著書にまとめた中谷友香さん=東京都豊島区で

 1994年の松本サリン事件などで無期懲役が確定したオウム真理教元幹部、中村昇受刑者(52)と15年間、対話を重ねてきたカウンセラーの中谷友香さん=東京都在住=が、交流の様子を初めて著書「幻想の〓 なぜ私はオウム受刑者の身元引受人になったのか」(KKベストセラーズ、26日発売)にまとめた。教団とは無関係に、手弁当で償いを支援してきた。著書では後悔の念を深める中村受刑者の姿がのぞく。【服部陽】

 「遺族の苦しみを思うと、生きていることが申し訳なく……」

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです