メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 本や雑誌が売れない時代になった。芥川賞など有名な賞を取っても筆一本は至難のワザ。編集者も「賞をとっても勤めをやめてはいけません」と厳しく忠告する。芥川賞受賞後、アルバイトをしながら書いている人が何人もいる。

 長崎市職員だった作家の青来有一(せいらいゆういち)さん(60)が今春、定年退職した。2001年の芥川賞受賞の後、「もう二足のわらじは卒業ですか」と水を向けて…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです