メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬吠テラステラス

開館3カ月で3万人超 新たな観光施設、期待高まる /千葉

「犬吠テラステラス」に設置されたハンモックベンチで遊ぶ子どもたち=千葉県銚子市犬吠埼で

 銚子市の観光名所、犬吠埼灯台(同市犬吠埼)横に1月、カフェや物販施設などを備えた商業施設「犬吠テラステラス」がオープンした。開館3カ月で来場者は3万人を超え、休日には1日で1000人以上が訪れることもある。昨年1月に水族館が閉館し、観光客減が心配された同地区に新たなにぎわいをもたらす施設として、期待が高まっている。

 運営するのは茨城県神栖市の不動産会社、大勝(だいしょう)。土産物店だった建物を買い取り、数億円かけて改装した。鉄骨2階建てで建物の延べ床面積は約1800平方メートル。太平洋を一望できる正面間口は約40メートルもあり、建物全体を「見晴らしのいいテラス」に見立てている。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 沖縄、複数の米軍基地で数十人の新規感染 大規模クラスターの可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです