メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こにゃん市長選

9代目市長に「ジャック」 「新人」の雄1歳 「頑張るニャン」と記者会見 湖南 /滋賀

第9代こにゃん市長に就任した「ジャック」=滋賀県湖南市中央1のサンライフ甲西で、礒野健一撮影

 湖南市のどこかにある動物たちの仮想都市「こにゃん市」の第9代市長を決める市長選が22日開票され、「新人」の「ジャック」(雄1歳)が初当選した。サンライフ甲西(中央1)であった当選証書授与式に臨んだジャックは、大役にも落ち着いた様子で早速、大物ぶりを見せていた。

 こにゃん市長選は、湖南市が動物愛護と観光振興を目的に2011年にスタート。今回は猫7、犬1の「新人」計8匹が立候補し、3月22日の「告示」から1カ月間の熱戦を展開した。統一地方選と参院選が重なる「亥(い)年選挙」の今年は注目度も高く、投票総数は過去2…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです