メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀州発掘物語

/6 天路山城跡(日高町) 工事で破壊 保護へ動き /和歌山

集落道の建設で本丸ののり面などが破壊された天路山城跡=和歌山県日高町比井で、山成孝治撮影

 日高町比井にある戦国時代の山城跡「天路山(てんじやま)城跡」。その一部が町の造成工事で破壊されていたことが判明し、町は昨年10月に謝罪した。これまで発掘調査は実施されていないが、「県史跡に指定する歴史的価値は十分にある」とする声は多い。町は今年度、県教委に依頼し、損壊した箇所を中心に発掘調査を行う計画だ。

 天路山城は、室町幕府直属の軍隊「奉公衆」に名を連ね、御坊・日高地域で活躍した湯河(湯川)氏の拠点の…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文951文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです