メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みどり明星クリニック

准看が死亡診断の医院 看護師ら薬も処方 /鹿児島

 鹿児島県鹿屋市の診療所「みどり明星クリニック」で国の規定に反し准看護師が死亡診断をするなどしていた問題で、医師の指示で看護師らが薬剤師不在の薬局から薬を持ち出して患者に処方していたことが、新たに判明した。クリニック側は薬局から事前に承諾を得ていたとしているが、県は薬剤師による医薬品管理などを義務づけた医薬品医療機器法(旧薬事法)に抵触する可能性があるとして薬局の経営会社の調査を始め…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

  4. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです