メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ

@福島・大熊町 平成残り8日 古里取り戻すために

引っ越し作業が始まった新庁舎で、書類などが入った箱を開けて整理する大熊町の職員ら=福島県大熊町で2019年4月22日、和田大典撮影

 22日午前9時過ぎ。福島県大熊町の役場新庁舎で、引っ越し作業が始まった。避難先の同県会津若松市から役場機能が8年ぶりに地元に戻る。管財係長の志賀博英さん(41)は「やっと復興のスタートラインに立てたかな」と語った。

 2011(平成23)年3月、東京電力福島第1原発事故によって大熊町は1万1000人を超える全町民が避難を強いられた。

 今月10日。同原発立地自治体では初めて一部地域で避難指示が解除された。代替わりで令和元年となった5…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文480文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです