メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ

@福島・大熊町 平成残り8日 古里取り戻すために

引っ越し作業が始まった新庁舎で、書類などが入った箱を開けて整理する大熊町の職員ら=福島県大熊町で2019年4月22日、和田大典撮影

 22日午前9時過ぎ。福島県大熊町の役場新庁舎で、引っ越し作業が始まった。避難先の同県会津若松市から役場機能が8年ぶりに地元に戻る。管財係長の志賀博英さん(41)は「やっと復興のスタートラインに立てたかな」と語った。

 2011(平成23)年3月、東京電力福島第1原発事故によって大熊町は1万1000人を超える全町民が避難を強いられた。

 今月10日。同原発立地自治体では初めて一部地域で避難指示が解除された。代替わりで令和元年となった5月7日から新庁舎で業務を始める。しかし、避難指示が解除された新庁舎周辺でさえ雨戸が閉まった家や雑草に覆われた畑が目立つ。自宅に戻った元建設会社員の末永正明さん(75)は「原発は安心安全と言われ、そう思っていたのに」と話す。

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  2. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  3. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです