メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

スリランカ、自爆7人同時多発 国際テロ組織、背後か

スリランカのフェルナンド通信相の投稿。テロ事件関連の書類を公開し、情報当局は事件の兆候を事前につかんでいたとしている(ツイッターより)

 スリランカ最大都市コロンボなどで21日に起きた連続爆破テロ事件で、スリランカ政府は国際的なネットワークも関与した形での地元イスラム過激派による犯行との見方を強めている。一方、事前に警告が出ていたにもかかわらず、テロを防げなかったことについて、政府の対応が不十分だったと指摘する声も出ている。

 スリランカ政府報道官は22日、国内のイスラム過激派「ナショナル・タウヒード・ジャマア(NTJ)」による犯行との見方を示した。ただ、その根拠については明確にせず、「彼らに対する国際的な支援について調査を進めている」と述べ、国際的な過激派グループと関係している可能性が高いとも強調した。

 NTJは比較的新しい団体で、国内の主流を占める仏教徒に対する反発から、仏像を破壊するなどの活動をし…

この記事は有料記事です。

残り2164文字(全文2502文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです