メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

入試英語なぜ「話す」導入? 4技能、総合的に育成 「受験過熱」心配の声も=回答・市川明代

都立高入試でのスピーキングテスト導入に向けて昨年実施された調査の様子=東京都教委提供

 なるほドリ 東京都立高入試で、3年後に英語のスピーキングテストが導入されるんだね。

 記者 2008年に改定(かいてい)された中学の学習指導要領(ようりょう)では、外国語の「聞く・話す・読む・書く」の4技能を総合的に育むことになっています。ただ、高校入試に話すテストがないので、話すための指導がおろそかになっていると言われていました。今年度から中学の全国学力・学習状況(じょうきょう)調査(ちょうさ)(全国学力テスト)に英語が加わり、話すテストも希望校で始まりました。こういう状況を踏(ふ)まえて都が導入を決めたのです。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです