連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

入試英語なぜ「話す」導入? 4技能、総合的に育成 「受験過熱」心配の声も=回答・市川明代

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
都立高入試でのスピーキングテスト導入に向けて昨年実施された調査の様子=東京都教委提供
都立高入試でのスピーキングテスト導入に向けて昨年実施された調査の様子=東京都教委提供

 なるほドリ 東京都立高入試で、3年後に英語のスピーキングテストが導入されるんだね。

 記者 2008年に改定(かいてい)された中学の学習指導要領(ようりょう)では、外国語の「聞く・話す・読む・書く」の4技能を総合的に育むことになっています。ただ、高校入試に話すテストがないので、話すための指導がおろそかになっていると言われていました。今年度から中学の全国学力・学習状況(じょうきょう)調査(ちょうさ)(全国学力テスト)に英語が加わり、話すテストも希望校で始まりました。こういう状況を踏(ふ)まえて都が導入を決めたのです。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文773文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集