メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

小野寺五典氏/下 「失敗の本質」日本軍の組織論的研究 教訓忘れぬため

「失敗の本質」について思いを語る小野寺五典前防衛相=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2019年4月3日、藤井太郎撮影

 戦争の記憶は、ともすれば良い面しか見ない傾向が強まっている。戦争映画でも、太平洋戦争といえば真珠湾攻撃、日清・日露戦争といえば「坂の上の雲」のように「すばらしい日本人が……」ということが描かれがちです。

 でも実際は、多くの国民が命を落とした。背景にはたくさんの失敗があり、国力の違いだけではなく、軍や国のあり方に問題があった。「失敗の本質」は、ノモンハン事件やレイテ海戦など、日本からすると見たくない面を分析した。時々目にして、同じようなことが起きていないか振り返るのに大事な本だ。

 私にとって一番の失敗は、1999年の「お線香事件」(選挙区内の有権者に線香を配ったとして小野寺氏は…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです