メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

トイレ「こもりスマホ」の迷惑

トイレの空き状況を知らせる電子看板=バカン提供

 公共トイレの個室でスマートフォン(スマホ)を使い、用を足した後も居座る「こもりスマホ」が増えている。歩きながらスマホを操作する「歩きスマホ」と同様、他人に迷惑を及ぼしかねない。

 突然の腹痛。すぐにトイレに駆け込んだものの、個室が空いていない。待てど暮らせど先客は出てこない--。埼玉県和光市の男性会社員(31)は、こんな経験をした。トイレの個室内からは、スマホ画面を指でたたくような音や動画の音声が漏れ聞こえてきた。やむなくその場を離れ、近くのコンビニエンスストアのトイレへ。事なきを得た男性は「公共トイレで他人に“不便”を押しつけるのはやめてほしい」と憤る。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1354文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです