メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

トイレ「こもりスマホ」の迷惑

トイレの空き状況を知らせる電子看板=バカン提供

 公共トイレの個室でスマートフォン(スマホ)を使い、用を足した後も居座る「こもりスマホ」が増えている。歩きながらスマホを操作する「歩きスマホ」と同様、他人に迷惑を及ぼしかねない。

 突然の腹痛。すぐにトイレに駆け込んだものの、個室が空いていない。待てど暮らせど先客は出てこない--。埼玉県和光市の男性会社員(31)は、こんな経験をした。トイレの個室内からは、スマホ画面を指でたたくような音や動画の音声が漏れ聞こえてきた。やむなくその場を離れ、近くのコンビニエンスストアのトイレへ。事なきを得た男性は「公共トイレで他人に“不便”を押しつけるのはやめてほしい」と憤る。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1354文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです