メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

トイレ「こもりスマホ」の迷惑

トイレの空き状況を知らせる電子看板=バカン提供

 公共トイレの個室でスマートフォン(スマホ)を使い、用を足した後も居座る「こもりスマホ」が増えている。歩きながらスマホを操作する「歩きスマホ」と同様、他人に迷惑を及ぼしかねない。

 突然の腹痛。すぐにトイレに駆け込んだものの、個室が空いていない。待てど暮らせど先客は出てこない--。埼玉県和光市の男性会社員(31)は、こんな経験をした。トイレの個室内からは、スマホ画面を指でたたくような音や動画の音声が漏れ聞こえてきた。やむなくその場を離れ、近くのコンビニエンスストアのトイレへ。事なきを得た男性は「公共トイレで他人に“不便”を押しつけるのはやめてほしい」と憤る。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです