メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

プレーから経営、2人の転身 札幌・野々村芳和社長/セ大阪・森島寛晃社長

笑顔を見せるセレッソ大阪の森島寛晃社長(左)とコンサドーレ札幌の野々村芳和社長=大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居で2019年4月13日、山崎一輝撮影

 J1クラブの社長として、元J1選手の2人が奮闘している。札幌の野々村芳和社長(46)とセ大阪の森島寛晃社長(46)だ。Jリーグクラブの社長は出資母体などからの出向が多く、クラブ出身のJリーガーが社長を務めるのは珍しい。2013年に就任した野々村社長は、低迷していた営業成績を立て直してJ1昇格を遂げるなど手腕を振るってきた。一方、ワールドカップ(W杯)に2大会出場した元日本代表の森島社長は昨年12月に就任したばかり。高校時代を共に静岡で過ごした46歳の2人の社長の挑戦に迫った。

この記事は有料記事です。

残り2574文字(全文2815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです