メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

世界選手権 個人戦 ハリケーン平野、再び 体幹鍛え、復活の兆し

練習する平野=ハンガリー・ブダペストで2019年4月21日、大西岳彦撮影

 【ブダペスト田原和宏】21日に当地で開幕した卓球の世界選手権個人戦女子シングルスで、前回2017年大会銅メダリストの平野美宇(日本生命)が一時の低迷を脱し、復活の兆しを見せている。

 平野は「最先端の卓球」を理想としている。2年前は、まさに最先端のスタイルだった。台の近くに立ち、打球の上がりばなを鋭く振り抜くテンポの速い「高速卓球」だ。17年アジア選手権ではリオデジャネイロ五輪女王の丁寧ら中国のトップ3選手を連破して優勝。超攻撃的なスタイルは「ハリケーン」と恐れられた。

 同年の世界選手権は準決勝で丁寧に敗れたものの、中国勢の背中を捉えたかに見えた。「あの時は本当に勢い…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです