健保組合

赤字6割超 保険料率、12年連続上昇

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 健康保険組合連合会(健保連)は22日、大企業の会社員らが加入する健保組合の今年度の平均保険料率が9・218%(前年度比0・011ポイント増)で、12年連続上昇したと発表した。高齢者の増加に伴い、高齢者医療を支える負担割合が大きくなった影響とみられる。全1388組合のうち、赤字は6割を超えた。

 健保連によると、組合員が納める保険料の総額は、8兆1132億円(同0・09%増…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

あわせて読みたい

ニュース特集