メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
旧優生保護法を問う

強制不妊救済法、今週成立へ 知的障害者家族会会長「申請期限5年、短い」 親に罪悪感、声上げられず

「全国手をつなぐ育成会連合会」の久保厚子会長=岩崎歩撮影

 「申請期限が5年では短すぎます」。旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術された障害者らへの救済法案が今週中に成立する見通しとなったことを受け、知的障害者の親や家族でつくる国内最大の民間団体「全国手をつなぐ育成会連合会」(事務局・大津市、会員約20万人)の久保厚子会長(68)が強調した。法案に「国の責任と謝罪」が盛り込まれないことが、声を上げにくい状況を固定化させると懸念する。【岩崎歩】

 息子に知的障害がある久保会長は、法案方針が明らかになった昨年12月、「5年の時限立法」に驚いた。意…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1066文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  3. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

  4. 大阪万博へ2025本の桜を植樹 府内各地に21年度から

  5. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです