メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊救済法、今週成立へ 知的障害者家族会会長「申請期限5年、短い」 親に罪悪感、声上げられず

「全国手をつなぐ育成会連合会」の久保厚子会長=岩崎歩撮影

 「申請期限が5年では短すぎます」。旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術された障害者らへの救済法案が今週中に成立する見通しとなったことを受け、知的障害者の親や家族でつくる国内最大の民間団体「全国手をつなぐ育成会連合会」(事務局・大津市、会員約20万人)の久保厚子会長(68)が強調した。法案に「国の責任と謝罪」が盛り込まれないことが、声を上げにくい状況を固定化させると懸念する。【岩崎歩】

 息子に知的障害がある久保会長は、法案方針が明らかになった昨年12月、「5年の時限立法」に驚いた。意…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです