メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラジエーションハウス

窪田正孝主演の“月9”第3話視聴率は11.5% 3週連続で好調キープ

“月9”ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」で主演を務める窪田正孝さん

 俳優の窪田正孝さん主演の“月9”ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第3話が22日、放送され、平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、好調をキープした。初回は12.7%、第2話は12.3%だった。

 原作は、マンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の横幕智裕さん作、モリタイシさん画の「ラジエーションハウス」。病院の放射線科“ラジエーションハウス”を舞台に、CTやMRIで病気を撮像する診療放射線技師の五十嵐唯織(窪田さん)と、画像を読影し診断を主治医に伝える放射線科医の甘春杏(本田翼さん)らの活躍を描く医療ドラマ。

 第3話には、内山理名さんらがゲスト出演。新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリスさん)は、女性誌編集者の今日子(内山さん)の「マンモグラフィ検査」を行う。今日子は、日本人に多いデンスブレスト(乳腺密度が濃い)だった。読影した放射線科医の甘春は、放射線科長の鏑木安富(浅野和之さん)に相談したものの、病変が見つからないことから「異常なし」との診断結果を下す。しかし、唯織は今日子の「マンモ画像」を見て、「なるべく早く超音波検査を受けてほしい」と伝える……という展開だった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです