メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

枝野氏、同日選視野に野党一本化呼びかけ

党首会談に臨む立憲民主党の枝野幸男代表(中央右)と国民民主党の玉木雄一郎代表(同左)=国会内で2019年4月23日午前9時31分、川田雅浩撮影

 立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表は23日、国会内で会談し、夏の参院選に合わせて衆院解散・総選挙を行う衆参同日選を視野に衆院小選挙区の野党候補の一本化に向けた協議を始める方針で一致した。枝野氏は他の野党党首とも週内に会談し、協力を呼びかける。

 会談で枝野氏は「同日選に備え、野党の議席獲得を最大化し、安倍政権を倒すために協力を強化したい」と要請。衆院小選挙区の一本化協議を始め、大型連休明けに参院選の1人区(改選…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです