メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スリランカテロ 米がFBI捜査員派遣へ 全土に非常事態宣言

爆発のあった聖アンソニー教会を警備するスリランカ海軍の兵士ら=スリランカのコロンボで2019年4月22日、AP

 【コロンボ松井聡】連続爆破テロが起きたスリランカのシリセナ大統領は23日、非常事態宣言を全土に発令した。前日に最大都市コロンボ中心部のバスターミナルで87個の起爆装置が見つかるなど緊張状態が続く中、捜査令状なしの身柄拘束ができるようにし、警察や軍の権限を強化する。また、国外の過激派集団が関与した可能性があることも踏まえ、米国は連邦捜査局(FBI)の捜査員を派遣する方針で、国際社会の捜査支援も本格化した。

 AP通信によると、スリランカの警察当局は23日、死者が計310人になったと明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです