メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

露朝首脳会談過去4回 核・ミサイル開発ネックに

 【ウラジオストク(ロシア極東)大前仁】プーチン露大統領は24~25日、極東ウラジオストクで、初めて自国を訪れる北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談する。ソ連崩壊(1991年)後に両国首脳が会談するのは5回目となる。過去の会談と露朝関係を振り返った。

◇プーチン氏訪朝

 2000年春に大統領に就いたプーチン氏は7月に北朝鮮を訪問し、金正日(キムジョンイル)総書記と会談した。金総書記は席上、条件付きながらもミサイル開発を断念すると伝えてきたという。この後のプーチン氏は沖縄で開いた主要8カ国(G8)首脳会議に出席し、他国首脳に会談の成果を報告した。

 プーチン氏の訪問はソ連時代を含めロシア元首による初の北朝鮮訪問となった。前身のソ連は北朝鮮の後ろ盾…

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1359文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです