メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個人的関係深まるが、2国間は… 露朝首脳会談を前にロシア人ジャーナリスト

北朝鮮の故金正日総書記と2002年に会見したロシア人ジャーナリストのオリガ・マリツェワさん=ロシア極東ウラジオストクで2019年4月23日、大前仁撮影

 【ウラジオストク(ロシア極東)大前仁】17年前に故金正日(キム・ジョンイル)総書記にインタビューした経験を持つロシア人ジャーナリストのオリガ・マリツェワさんが23日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による初のロシア訪問について「国際社会で経験が豊富なプーチン氏が金委員長をパートナーとして処遇し、個人的な関係を深めるだろう」との見通しを語った。

 ただ、マリツェワさんは、ロシアと北朝鮮がそれぞれ国際社会から経済制裁を受けている点を取り上げ、「2国間関係を抜本的に変えるような合意が結ばれるとは思わない」とも指摘した。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです