メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

スリランカテロ ISが犯行を主張 死者321人に

爆発があった聖セバスチャン教会周辺の集団葬儀で、二つのひつぎの前で泣き崩れる女性(中央)=スリランカ西部ニゴンボで23日、ロイター

 スリランカで起きた連続爆破テロ事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)は23日、系列のアーマク通信を通じて犯行を主張し、8人の男が写る写真も公開した。AP通信によると、この中にはスリランカ政府が爆破テロの首謀者と見ている人物が含まれるという。また、スリランカ警察当局は同日、事件に関与した疑いでこれまでに計40人を拘束したと発表した。

 地元警察などによると、死者数は日本人1人を含む321人に達した。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文772文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです