メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト 大統領任期延長、承認へ 改憲案国民投票

改憲を巡る国民投票で1票を投じるエジプトの有権者=2019年4月22日、カイロで篠田航一撮影

 【カイロ篠田航一】エジプトでシシ大統領(64)の任期延長を柱とする憲法改正案の是非を問う国民投票が20~22日の3日間の日程で行われた。正式結果は数日以内に発表される見込みだが、中東メディアは賛成多数で承認されるとの見通しを伝えている。改憲が成立すれば、シシ氏は最長で2030年までの続投が可能となる。

 首都カイロ・ザマレク地区の投票所で22日、「賛成票」を投じたナジャ・バクリさん(80)は「治安回復が最重要。安全がなければ経済発展もない。シシ氏の指導力に今後も期待する」と語った。11年の中東民主化要求運動「アラブの春」以降、政治混乱やテロが続く中、14年に初当選したシシ氏は強権で反政府勢力を抑え込み、治安回復を評価する声も多い。一方でシシ氏に批判的な国会議員、アフマド・タンタウィ氏はロイター通…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです