連載

アクセス

あらゆるジャンルの旬の話題を一味違う切り口で取り上げます。

連載一覧

アクセス

NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山口真帆さん=新潟市中央区で2017年1月9日、堀祐馬撮影
山口真帆さん=新潟市中央区で2017年1月9日、堀祐馬撮影

 NGT48の山口真帆さん(23)が1月、ファンの男性2人からの暴行被害をツイッターで訴えた一件。山口さん本人が21日に「卒業」を表明し、運営側への批判が再燃している。【中川聡子、江畑佳明】

 被害は1月9日、山口さんがツイッターで告白して発覚。山口さんが「お騒がせしました」と謝罪すると、グループを運営する「AKS」(東京都)の対応が「被害者に謝罪させるのか」と批判を浴びた。AKSは第三者委員会を設けて調査するが、山口さんは「なぜうそばかりつくのか」などと発信して騒ぎは拡大した。

 山口さんは21日の公演で卒業を発表した際のあいさつで「目をそらしてはいけない問題に『目をそらさないなら辞めろ。新生NGT48を始められない』というのがこのグループの答えだった」と語った。

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1345文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集