メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」

山口真帆さん=新潟市中央区で2017年1月9日、堀祐馬撮影

 NGT48の山口真帆さん(23)が1月、ファンの男性2人からの暴行被害をツイッターで訴えた一件。山口さん本人が21日に「卒業」を表明し、運営側への批判が再燃している。【中川聡子、江畑佳明】

 被害は1月9日、山口さんがツイッターで告白して発覚。山口さんが「お騒がせしました」と謝罪すると、グループを運営する「AKS」(東京都)の対応が「被害者に謝罪させるのか」と批判を浴びた。AKSは第三者委員会を設けて調査するが、山口さんは「なぜうそばかりつくのか」などと発信して騒ぎは拡大した。

 山口さんは21日の公演で卒業を発表した際のあいさつで「目をそらしてはいけない問題に『目をそらさないなら辞めろ。新生NGT48を始められない』というのがこのグループの答えだった」と語った。

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「後任指名はできない仕組み」と反論 学術会議の梶田会長ら初の記者会見

  2. 大阪市財政局、4分割コスト増の試算撤回 市長、厳重注意で 都構想巡り

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』急きょ当日収録 矢部浩之「扱えないアウトもある」

  4. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです