メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」

山口真帆さん=新潟市中央区で2017年1月9日、堀祐馬撮影

 NGT48の山口真帆さん(23)が1月、ファンの男性2人からの暴行被害をツイッターで訴えた一件。山口さん本人が21日に「卒業」を表明し、運営側への批判が再燃している。【中川聡子、江畑佳明】

 被害は1月9日、山口さんがツイッターで告白して発覚。山口さんが「お騒がせしました」と謝罪すると、グループを運営する「AKS」(東京都)の対応が「被害者に謝罪させるのか」と批判を浴びた。AKSは第三者委員会を設けて調査するが、山口さんは「なぜうそばかりつくのか」などと発信して騒ぎは拡大した。

 山口さんは21日の公演で卒業を発表した際のあいさつで「目をそらしてはいけない問題に『目をそらさないなら辞めろ。新生NGT48を始められない』というのがこのグループの答えだった」と語った。

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. NY株が史上初の3万ドル台突破 大統領選巡る不透明感後退を好感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです