メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイラギ漁復活へ 佐賀など九州4県、人工稚貝放流 漁業者からは疑問の声も

有明海で取れた天然のタイラギの稚貝を確認する佐賀県有明水産振興センターの職員=佐賀県太良町で2018年12月14日午前10時26分、池田美欧撮影

 有明海特産の高級二枚貝「タイラギ」の漁再開に向け、国と佐賀、福岡、長崎、熊本4県が人工稚貝(ちがい)の放流に取り組んでいる。安定的に生産できるようになった人工稚貝を放流し、稚貝が成長して世代循環できる「母貝(ぼがい)団地」の形成を目指す。同様に不漁だったアゲマキは人工稚貝放流で生息数が回復し、昨年から漁を再開できただけに関係者は効果に期待を寄せるが、漁業者からは「対症療法に過ぎず、問題の根本的解決にはならない」と疑問視する声も上がる。

 有明海でのタイラギの漁獲量は、1996年度の318トン(貝柱の重さ)をピークに減少。2012年度か…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1291文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  3. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  4. 半沢直樹 堺雅人主演の人気ドラマ続編が2020年4月放送 「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を映像化
  5. 光化学スモッグ 10市1町に注意報 今年度、県内初 /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです