メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

バブル不況だった平成、嘆きを笑いに “江戸時代のツイッター”世相映し

平成を振り返る万能川柳選者の仲畑貴志さん。投句数が増え続け「はがきの山がなくならない。終わりがなくて結構きついんですよ」と笑う=東京都港区で2019年4月18日、山下浩一撮影

 毎日新聞で平成3(1991)年から始まった「仲畑流万能川柳(万柳)」。投稿された句は1000万超、掲載された句は十数万句に上り、平成の社会や日常生活の喜怒哀楽を映し出してきた。選者でコピーライターの仲畑貴志さん(71)は「『モノ・カネ=幸せ』ではないことに人々が気付いたのが平成だった」と語る。

 平成を振り返り、仲畑さんがまず触れたのはインターネットやスマートフォンなどITの急速な発展だ。90年代の句にはポケットベルが頻繁に登場した。「懐かしい。テレホンカードとセットで持って、鳴るたびに電話ボックスを探した」。昭和から変わらないのは政治への不信。平成になっても政治家を皮肉る句は絶えることがなかった。

 明るい話題は芸能とスポーツだった。野茂英雄投手らに続いて、イチロー選手が日本人野手として初めて大リ…

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1163文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. 「ナガシマスパーランド」ジャンボ海水プールに4万5000人 三重・桑名

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. ORICON NEWS 『サザエさん』マスオ役41年・増岡弘が卒業で感謝と惜しむ声続々「増岡マスオロスだ…」

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです