メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10連休で暮らしはどうなる? 保育、医療、金融機関…影響とその対策

朝、手をつないで保育園に登園する親子。10連休中も仕事がある親のため、政府は一時保育の拡充に取り組んでいる=千葉県君津市で2018年6月25日午前8時、今村茜撮影

 皇位継承に伴う10連休が目前に迫っている。前例のない大型連休だけに、子どもの保育や医療、郵便・宅配便など国民生活に深く関わるサービスが支障なく機能するか、気になるところだ。それぞれの対策をまとめた。

出張保育の依頼倍増

 「明らかに10連休の影響です」。全国の大都市部を中心にベビーシッターを派遣するポピンズ(本社・東京都)の担当者は断言する。連休に向けてサービス業の事業所や医療機関から「出張保育」の依頼が、例年の倍ほど、約1200人分に急増したという。

 出張保育は、企業の会議室などにスタッフが出向き、従業員の子を集団で預かる仕組み。ホテルメトロポリタ…

この記事は有料記事です。

残り2069文字(全文2346文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです