特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

強制不妊国賠訴訟 原告側が意見陳述「裁判で誠実対応を」 東京地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、東京都在住の北三郎さん(76)=活動名=が国に3000万円の賠償を求めた訴訟の第5回口頭弁論が23日、東京地裁(伊藤正晴裁判長)であった。24日にも手術当事者らの救済法が成立する見通しだが、原告側は意見陳述で「国は裁判で被害回復に向けた誠実な対応を取るべきだ」と主張した。

 この日は原告側の採沢(さいざわ)友香弁護士が意見陳述し、手術当事者への一時金320万円の支給を柱とする法案について「国による謝罪が明記されず、一時金も極めて低額。とても中途半端だ」と批判した。また、旧法下の不妊手術の憲法適合性を訴訟で示さない国側の姿勢に対し「国がはっきりした態度を取らない限り、裁判で大事な問題を議論できない」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文484文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集