メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊国賠訴訟 原告側が意見陳述「裁判で誠実対応を」 東京地裁

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、東京都在住の北三郎さん(76)=活動名=が国に3000万円の賠償を求めた訴訟の第5回口頭弁論が23日、東京地裁(伊藤正晴裁判長)であった。24日にも手術当事者らの救済法が成立する見通しだが、原告側は意見陳述で「国は裁判で被害回復に向けた誠実な対応を取るべきだ」と主張した。

 この日は原告側の採沢(さいざわ)友香弁護士が意見陳述し、手術当事者への一時金320万円の支給を柱と…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 半沢直樹 堺雅人主演の人気ドラマ続編が2020年4月放送 「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を映像化
  5. 羽生結弦が5000人魅了 千葉でアイスショー プルシェンコ、紀平らも華麗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです