特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京・わたし

五輪テーマの漫画連載するヤマザキマリさん「円谷幸吉の死が象徴する古代との違い」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える漫画家のヤマザキマリさん=東京都世田谷区で2019年2月26日、山下浩一撮影
インタビューに答える漫画家のヤマザキマリさん=東京都世田谷区で2019年2月26日、山下浩一撮影

 五輪をテーマにした作品を執筆中の漫画家のヤマザキマリさんに、五輪の意味、文化としてのあり方などを聞きました。【聞き手・神崎修一】

 ――五輪を題材とした漫画「オリンピア・キュクロス」をグランドジャンプ(集英社)で連載中です。作品のテーマとして選んだ理由は?

 ◆(出版社の)編集者から「五輪で何かやりませんか」と誘われました。私は運動(スポーツ)が好きではありません。興味はないし、中継もほとんど見ません。ただ、2012年のロンドン大会の開会式を見ながら「オリンピアという何もない町でかけっこしていたギリシャ人たちがこの開会式見たら腰を抜かすよ」とか「これをネタに漫画を描いたら面白いかも」などと何となくツイートしていました。古代から人々はなぜここまで運動に熱中するのかなど、いろいろ疑問も湧いてきました。漫画を描きながら調べていきたいという気持ちになり、編集者の依頼を受けることにしました。

 ――主人公の「デメトリオス」の視点を通じて、古代オリンピックが描かれています。

この記事は有料記事です。

残り4179文字(全文4614文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集