メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

米NHL、プレーオフ中の航空機移動分の温暖化ガス排出権購入

 北米プロアイスホッケー(NHL)は、地球環境について考える「アースデイ」に当たる22日、プレーオフ期間中に利用する航空機からの温室効果ガス排出量を相殺するため、排出権を購入すると表明した。14日、ライトニング対ブルージャケッツの試合で撮影(2019年 ロイター/Aaron Doster-USA TODAY Sports)

[PR]

 [22日 ロイター] - 北米プロアイスホッケー(NHL)は、地球環境について考える「アースデイ」に当たる22日、プレーオフ期間中に利用する航空機からの温室効果ガス排出量を相殺するため、排出権を購入すると表明した。

     最も多くのチームが移動する1回戦(7回戦制)では、これにより465トン超の排出分が相殺される。車99台の運転を1年間中止した場合の排出量に相当するという。

     購入先は、オレゴン州ポートランドを拠点に排出権取引を手がけるボンヌビル環境財団。

     NHLは前シーズン、次世代のアイスホッケー発展を目指し、あらゆるレベルのホッケー環境を維持する取り組みを自主評価する第2回「サステナビリティー報告書」を発表した。リポートは、今後数十年の間に、スケートシーズンの長さの平均がカナダ東部では3分の1、西部では20%短くなる可能性があるとしている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

    2. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

    3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

    4. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

    5. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです