メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スリランカ連続爆破テロ

「ハシュミ指導者」主導か 過激派NTJ

IS系列のアーマク通信がスリランカ連続爆破テロの実行グループとして公開した写真。覆面なしの中央の人物がザフラン・ハシュミ指導者=2019年4月23日、AP

 【コロンボ松井聡】スリランカ連続爆破テロ事件で、実行グループとされる国内のイスラム過激派「ナショナル・タウヒード・ジャマア」(NTJ)の指導者が、ザフラン・ハシュミという人物であることが判明した。スリランカのイスラム団体幹部が23日、毎日新聞に明らかにした。この指導者は、同日に犯行声明を出した過激派組織「イスラム国」(IS)が公開した写真の中央に覆面なしで写っており、今回のテロも主導した可能性が高い。

 イスラム団体幹部によると、指導者はモールビー・ザフランと呼ばれることもある。3年ほど前、イスラム教…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文607文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『これは経費で落ちません!』多部未華子に高評価 満足度右肩上がり

  2. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです