メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊救済法 ポイント

・被害者の心身の多大な苦痛に「我々は、それぞれの立場において、真摯(しんし)に反省し、心から深くおわびする」と前文に明記。

・被害者の申請に基づき一時金320万円を支給。法施行日時点で生存する本人に限り、故人や配偶者らは対象外。

・強制手術だけでなく、本人が「同意」したケースも救済の対象。

・厚労省に被害の認定審査会を設置。記録の…

この記事は有料記事です。

残り52文字(全文215文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです