メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

平成エンタメ小説/中 「司馬史観」との格闘 歴史・時代小説、自在な中国もの

 平成の歴史・時代小説は、織田信長を描いた津本陽さんの『下天は夢か』のミリオンセラーで幕を開けた。時あたかもバブル期。ビジネスマン、政治家の心をとらえ、東京・銀座のクラブでは登場人物がしゃべる尾張弁が飛び交ったと聞く。信長ブームを巻き起こし、加藤廣さんの『信長の棺(ひつぎ)』(2005年)もミリオンを記録した。

この記事は有料記事です。

残り1556文字(全文1712文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館
  2. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず
  3. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  4. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  5. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです