メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

平成エンタメ小説/中 「司馬史観」との格闘 歴史・時代小説、自在な中国もの

 平成の歴史・時代小説は、織田信長を描いた津本陽さんの『下天は夢か』のミリオンセラーで幕を開けた。時あたかもバブル期。ビジネスマン、政治家の心をとらえ、東京・銀座のクラブでは登場人物がしゃべる尾張弁が飛び交ったと聞く。信長ブームを巻き起こし、加藤廣さんの『信長の棺(ひつぎ)』(2005年)もミリオンを記録した。

この記事は有料記事です。

残り1556文字(全文1712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  2. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです