メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸時評

4月 私のおすすめ 大澤聡(批評家)

(1)カク景芳(ハオジンファン)著、及川茜訳『カク景芳短篇集』(白水社)

(2)大前粟生『私と鰐と妹の部屋』(書肆侃侃房)

(3)伊藤浩子『たましずめ/夕波』(思潮社)

SFにこめた現代の課題

 3分間の現象に数十頁(ページ)費やすこともできれば、数十年を3行に要約することだってできてしまう。物語の時間操作は読者につかの間の“別の生”を生きさせる。

 (1)は中国SFの短編7作。貧富に応じて3層に区画された都市が24時間ごとに「転換」し3交替制で生活時間を与え……という設定の巻頭作をはじめ、いずれもSF特有の奇抜なガジェットが、けれど経済格差や医療倫理、ネット空間など現実社会の諸課題、さらにはキャリア形成や家族関係、他者との対話など現代人の苦悩を精確に炙(あぶ)り出す。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです