連載

文芸時評

毎日新聞デジタルの「文芸時評」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

文芸時評

4月 私のおすすめ 倉本さおり(書評家)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

(1)エマヌエル・ベルクマン著、浅井晶子訳『トリック』(新潮社)

(2)大前粟生『私と鰐と妹の部屋』(書肆侃侃房)

(3)レティシア・コロンバニ著、齋藤可津子訳『三つ編み』(早川書房)

現実と切り結ぶタフな関係

 目に見えるものを受け入れるのにも、逆に見えないものを信じるのにも、想像以上にエネルギーが要る。そうやって私たちが“現実”と切り結んでいるタフな関係に美しい輝きを与えてくれる物語が(1)。軸となるのは20世紀初頭、プラハの貧しいユダヤ人家庭に生まれ、後に奇術師となる…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集