メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文芸時評

4月 私のおすすめ 編集部

(1)島田雅彦『人類最年長』(文芸春秋)

(2)谷崎由依『藁の王』(新潮社)

 (1)は、年齢が159歳に達したという男が遍歴を振り返る小説。男の人生を通して日本の近代史が語られる。各時代の風俗描写が生き生きとしていて、知っているようで知らなかったと思わされる着眼点がページをめくるたびにある。新しい元号…

この記事は有料記事です。

残り111文字(全文261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです